ミネラルウォーターの種類や特徴

ミネラルウォーターにはどんな種類・特徴があるの?

ミネラルウォーターとは?

ペットボトルの水が売られるようになって、たくさんの種類のミネラルウォーターが流通しています。 実はミネラルウォーターにも種類があると知っていましたか? ミネラルウォーターの種類や特徴を正しく理解して、自分に合ったものを選びましょう。 是非チェックしてみてください。

知っておきたい「ミネラルウォーター」

私たちの生活のなかで身近な存在のミネラルウォーター。
飲料水としてはもちろん、料理を作るときやペットの飲み水など、中には洗顔や洗髪にも使用するなど用途は様々です。

ひとくちに「ミネラルウォーター」といってもたくさんの種類があります。
「ミネラルウォーター」とはどのような水のことを言うのか、知っていきましょう。

ミネラルウォーターとは本来は地下水や湧水など自然にある水のことを言います。
しかしミネラルウォーターの定義は国によって異なり、日本ではミネラルの添加及びなんらかの殺菌処理、浄水処理を施された水のことをいいます。
殺菌を終えたあとは、密栓・密封し出荷までに厳しい品質検査が行われています。
日本ではミネラルウォーター、ナチュラルウォーター、ナチュラルミネラルウォーターは元になる地下水や湧水の成分に無機塩化添加などの調整は行われていないもの、ボトルドウォーターはその3点以外のものの4種類に分けられます。
他国と比べて日本では微細な定義と基準によってミネラルウォーターの製造が行われているので、安全性が高い飲料水といえるでしょう。

そしてミネラルウォーターの「ミネラル」という成分。
これは私たちの身体に必要な5大栄養素のひとつで、カルシウム・マグネシウム・カリウム・ナトリウムのことです。
骨や歯を作ったり、心臓機能を調節したり、神経伝達に使われる大切な栄養素です。

ミネラルウォーターには、このような栄養素が溶け込んでいるので身体に大切なミネラルを補うことができます。

主要なミネラルの成分

一般的にミネラルそれぞれの成分がミネラルウォーターに与える味覚は以下になります。 カルシウムは適量であれば甘みがあり、多いと重たく感じます。 マグネシウムが少なければ甘みがありますが多いと苦みや渋みが強くなります。 カリウムとナトリウムは多いと塩味を感じ、少ないと甘みが感じられます。

ミネラルウォーターと海洋深層水の違い

海洋深層水は深海でとれた水、つまり海水です。 ですが雑菌やウイルスなどの有害な物質はなく、生活排水なども深い海水に届くことはないので、安全に飲める水です。 深海は水温や水質が安定しており、無機栄養塩類が豊富です。 ミネラルウォーターとは硬度や、少ししょっぱく感じるのも違いのひとつといえます。

TOPへ戻る