ミネラルウォーターの種類や特徴

ミネラルウォーターにはどんな種類・特徴があるの?

ミネラルウォーターとは?

ミネラルウォーターの種類

日本ではミネラルウォーターは4種類あります。

まず1つ目に「ナチュラルウォーター」は特定の地下より採った水で殺菌作業やろ過などの処理がされていないものです。

次に「ナチュラルミネラルウォーター」は1番自然な状態の水なので、加熱処理などや成分調整を行っていません。
美容・健康維持に効果があり、日本で最も人気の水です。

そして「ミネラルウォーター」はナチュラルミネラルウォーターを元にした水です。
品質や味を安定させるためミネラル成分の調整などが行われております。

最後に「ボトルドウォーター」は上記3種類以外の飲料水のことで処理方法に制限はなく、蒸留水や純水などが挙げられます。
また水道水をペットボトルに入れたものもこの種類に入ります。

「軟水」「硬水」とは?

ミネラルウォーターを買う際、ラベルに「硬水」や「軟水」などといった表記がありますね。
これは、ミネラルウォーターに含まれているカルシウムとマグネシウムの量を表したもの(硬度)です。

硬度が100以下では「軟水」、硬度が301以上では「硬水」となり、その間(硬度101~300)では「中硬水」と分類されます。
軟水は軽い口当たりでまろやかな飲みやすさがあり、硬水はしっかりとした味わいで飲み応えがあります。

水の硬度は地域や国によって差が出てきます。
海外と日本では地中に含まれるカルシウムとマグネシウムの濃度が異なるので、海外の水は硬水、日本の水は軟水が多いです。

日本人の身体には軟水のほうが適しており、味に関しても軟水を好む人のほうが多いと言われています。
しかし最近では海外セレブやモデルの影響で硬水に関心が高まり、用途によって飲み分けている方も多いようです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る