ミネラルウォーターの種類や特徴

ミネラルウォーターにはどんな種類・特徴があるの?

主要なミネラルの成分

軟水を効果的に飲む

軟水を美味しく飲むために適しているのは常温に近い温度(10~15℃)です。
起床時、運動後、入浴前後、食事中(朝・昼・晩)、就寝前のタイミングに飲むとよいでしょう。
軟水はデメリットは特にはないのですが、大量に飲むと低ナトリウム症(水中毒)を起こしてしまうことがあります。
1回でコップ1杯、1日に1.5リットルを目安に飲みましょう。

軟水は無味無臭なので、日本料理や香りを楽しみたい飲み物にも適しています。
マグネシウムの量が少ないので身体への負担があまりなく、赤ちゃんからお年寄りまで安心して飲むことができる水です。

また、肌や髪にも優しい水なので洗顔やシャンプーに使用すると美肌効果や髪が綺麗になることもあります。
軟水に含まれているミネラルバランスが人の身体のミネラルバランスと近く、体内へ吸収されるのが早いので軟水は日本人の身体に合う、美容にも健康にもメリットの多い水です。

オススメの軟水

おなじみ人気商品「い・ろ・は・す」は誰でも1度は飲んだことがあるのではないでしょうか。
国内に複数の採水地があり、硬度は場所によって違いますが全て軟水です。
飲み水だけでなく、炊飯にもオススメの軟水です。

リピーターの多い「六甲のおいしい水」は硬度32の日本人に適した軟水です。
他の商品に比べて甘みがあり、何にでも合う飲みやすさと味わいで長年に渡り人気の商品です。
赤ちゃんのミルクや料理など安心して使うことができます。

海外の軟水なら「クリスタルカイザー」がオススメです。
アメリカのカリフォルニア州北部で採水された硬度38の海外軟水です。
クセがなく透き通るような味わいで、天然ミネラル成分のバナジウムが多く含まれています。
炭酸入りやフレーバー入りも発売されています。


この記事をシェアする
TOPへ戻る